2013/06/12


炒莧菜(ひゆ菜の炒め)
紅健菜、ザウデン、ジャワほうれん草、とも言います。 今頃が旬で広島の農家さんから直送していただいてます。
ポリフェノール、カルシウムが多く含まれ、ほうれん草の2倍の鉄分、ビタミンC,ビタミンA,カルシウムなどの栄養満点の野菜。

2013/01/14

六月のおすすめ料理

炒莧菜(ひゆ菜の炒め)
紅健菜、ザウデン、ジャワほうれん草、とも言います。 今頃が旬で広島の農家さんから直送していただいてます。
ポリフェノール、カルシウムが多く含まれ、ほうれん草の2倍の鉄分、ビタミンC,ビタミンA,カルシウムなどの栄養満点の野菜。
是非お試し下さい。

2012/09/21

中秋節 月餅

残暑も過ぎ、ようやく涼しくなってきましたね。
今年も月餅を大量に作る季節がやってきました!!
 
 
どっしり約200gもある大きな月餅〝鹹蛋蓮蓉月″は
半分に切ると、まんまるお月様が登場します。
 
 
このお月様の正体はアヒルの塩漬け玉子の卵黄。
ほんのり甘い自家製ハスの実餡に塩気のある卵黄がアクセントに!!
もうこれがないと物足りない!と思うほどのマリアージュ。
 
月を愛でながら月餅にナイフを入れてください。
 
 
 
あと三種類のお味が楽しめる
迷你月餅(ミニ月餅)も販売しています。
 
ココナッツ餡の月餅
木の実とドライフルーツ餡の月餅
ハスの実餡の月餅
 
の三種類で、餡も生地もすべて手作りです。
 
 
30日を過ぎても、売切れ次第販売致しておりますので
是非ご賞味ください。
 
 


(大)鹹蛋蓮蓉月(1個) ¥1,000
(小)迷你月餅(3個入り) ¥1,000
 
 
 




2012/08/31

アムアムホウ 日々のこと

本日、お客様が香港人のお客様を連れてご来店されました。

叉燒白雞會飯  通称”チャーカイファン”  香港チャーシュウと蒸し鶏のせご飯
香港は昼時になると、焼き物専門店の前は持ち帰り弁当を目当てに行列ができます。

発砲スチロールの弁当箱にごはんをギッシリ詰め込んで 青野菜とブツ切りにしたお肉のロースト類をのせて、葱、生姜のソースをかけてくれます。

これがまた美味い!たまに賄いでも登場。弁当箱にわざわざ入れて食べると懐かしい!!

この料理をお出しした時、香港人のお客様もテンション↑↑↑だったのでやっぱりみんな大好き 国民食のようなものだなと実感しました~

2012/08/06

點心のお話 Part4 広東ひよこクッキー

Part4 雞仔餅  広東ひよこクッキー 

ハトサブレやひよこクッキー。
多くの人が一度は口にしたことありますよね?
日本でこの手のクッキーは形がハトであったり、可愛いひよこの形であったりします。

なんと〝ひよこクッキー″ 広東にも150年以上も前からあるんです!
形は丸くてぺったんこ。とてもひよこのような可愛い形はしてません。

味は甘じょっぱく、おかず系クッキー。
おかず系とはなんぞや?と思われる方もいらっしゃるでしょう。
中国菓子にはよくあることです。

南乳(紅豆腐よう)、ニンニク、醤油、漬物、豚の脂身、ピーナッツ、ゴマ、
カシューナッツなどがクッキーに入ってるんです!普通お菓子には使わない材料まで・・・
なんとも想像を超えた、おかしなお菓子と思いますよね~ でも、これがまた美味しいんです!

こんな変わったクッキー。形も可愛くないのになんで〝ひよこクッキー″という可愛い名なのか?
そう思い調べてみると、ちゃんとした歴史がありました。

1855年、広東省の順徳で地位のある伍紫垣氏の屋敷での出来事から始まった。
ある日、屋敷に客人が訪れ伍紫垣が料理を振る舞うよう指示したのだが、料理人が不在だった為仕方なく付き人の小鳳と呼ばれている女性が有り合わせの物で作りました。

厨房に入った小鳳は、ちょうど月餅を仕込む時期(中秋節前)という事もあり、木の実餡を見つけました。そこへ梅菜(漬物)と豚の脂身を混ぜ月餅生地で包んで焼いたところあまりにも好評だったとか・・・。

後に、順徳地方では月餅が売り切れたら、このクッキーが店頭に並んだそうだ。

このクッキーに名前を付けようと、小鳳の名を取り入れました。
中国では鳳という字は鳳凰の意。鳳凰は鶏の象徴である。

という訳で、小鳳→小鶏(小さい鶏)、 小鶏→雞仔(ひよこ)となり、
餅(クッキー)を付けて雞仔餅〝ひよこクッキー″となり、現在でも広東地方、
香港で人気のクッキーとして食べられています。

中秋節も近づいてきたので、アムアムホウでは雞仔餅を仕込んでます。
興味のある方は是非ご賞味ください!
       

2012/07/07

點心のお話Part5

Part5 薑片雞包仔 Ginger & Chicken Chinese Buns  鶏肉と新生姜の包子


★中に具を包んでいるもの →「包子(パオズ)」
★中に具のないものを    →「饅頭(マントウ)」
なお、上海などの方言では、具が入っていても、入っていなくても、マントウと総称する場合がある。

ちなみに饅頭の起源は、中国三国時代
川の氾濫を沈めるために、生きた人間の首を切り落とし生贄として川に沈める風習がありました。

それを知った蜀の宰相・諸葛孔明が、南征の帰途に、この風習を改めさせようと思い、小麦粉で練った皮に羊や豚の肉を詰めて、それを人間の頭に見立てて川に投げ込んだところ、川の氾濫が静まったという伝説もあります。

點心のお話 Part3


Part3  香滑芝麻巻  クワイ餅の黒胡麻ロール Steamed Black Sesame Roll
広州から香港へ伝わってきた古典點心。

最近では香港でもあまり見かけないプレミア點心の一種だと思う。

黒ゴマにはカルシウム、ビタミン群が豊富で、神経の高ぶりを鎮める働きがあります。

精神的なストレスから来る月経不順には黒ゴマが威力を発揮します。

また、多量に含まれている不飽和脂肪酸やビタミンEは末梢血管障害を改善し、
中性脂肪を減少させ、冷え性にも効果を発揮します。

①作り方は、黒ゴマを香りよく煎り、ペースト状になるまで磨り潰し、水と砂糖を加えます。
②裏ごしした後、沸騰直前まで沸かし、そこへ水溶きの黒クワイ粉を少量加えます。
③冷ましてから残りの水溶き黒クワイ粉を加えます。
④バットに薄く流し蒸す。蒸し上がりに端からクルクル巻いてカット。出来上がり。

この點心を作る時の最大のポイントは水溶きの黒クワイ粉を二回に分けて加え、
扱いやすいトロミ濃度に仕上げれるかが重要なんですね~

トロミの濃度が薄いとバットに均一に流せず蒸している時に偏って薄い所と、厚い所ができます。
また、トロミ濃度が濃いとツルっとした表面にもならず、うまくバットにもひろがりません。
ここを押さえておけば、あとは簡単なんですよ!

さらに調べてみると黒ゴマは、記憶力を高め、美肌、黒髪、腸の働きを促すなど、どんだけ体に良いんだ!!とツッコミたいくらい優れた健康食品です。

こんな黒ゴマの點心、地味すぎて最近は脚光を浴びなくなってきたんだろうけど、
こんなに体にも良いし、いつでも食べれる點心であってほしいと切に思うな~。